転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

面接時の服装は?

トップ採用責任者が答える転職の疑問面接時の服装は?


採用担当者が答えるQ&A

質問

「面接は私服でいいです」「面接は私服で来てください」と言われたら・・・?

採用担当者の回答
採用面接の服装の基本は男女とも「スーツ」です。
しかし「面接は私服でいいです」「面接は私服で来てください」と言われた場合はどのような服装で行けば良いでしょうか。

答えは「面接担当者が何を判断したいか」によります。

「面接は私服でいいです」の場合は、相手に不快感を与えない服装ならばOKです。
判断できなければスーツで行きましょう。スーツでマイナスになることはありません。

しかし「面接は私服で来てください」と言われた場合は別です。
採用担当者の『指示』ですので、その指示に従ってください。アパレル業界や店舗の販売員、テレビ関係、雑誌やWebの制作会社の場合、「応募者のセンスを判断」する目的で「私服着用」を要求する場合があります。
その際は清潔感のある、応募先の企業に合った服装を選んで面接に臨んでください。応募企業のカラーがわからない場合は、その企業の出勤時に企業の正門付近をこっそり見ていると、だいたいどのような服装で通勤しているかわかります。



a:1810 t:1 y:0

前のページ←→次のページ

再就職応募前に読んでおきたいおすすめ本


採用される転職者のための面接トーク術
本書はマニュアル本ではありません。転職の際の面接に対する考え方や面接以前に行なわれている審査、基本的な面接マナーを解説し、実例を元にした面接の質疑応答が記述されています。面接官の質問の意図をとらえて、どのような応答を行えば面接を突破できるかが理解できる非常に良い本です。

転職面接必勝法
こちらもマニュアル本ではありません。転職の意味をしっかりと理解させ、スキルの棚卸しを行い、面接でどのように表現したら良いかが発見できる書籍です。面接準備に欠かせない1冊です。

「会社を伸ばす人材」を見つける採用面接マニュアル
企業担当者向けの書籍です。やさしく記載されておりますので、採用する側の考え方を理解する上でも一読をお勧めします。

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional