転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

面接のポイント2

現役コンサルタント兼採用担当が教える、一流コンサルティングファームからあなたが内定をもらう極意

トップ応募から試験合格まで面接のポイント2

面接のポイント2 :第一印象を良くする方法
 
面接では第一印象は非常に大切です。面接官がチェックするポイントを解説します。

  • 服装
    • 転職者の年齢にかかわらずリクルートスタイルで臨むこと。
    • 装飾品は外すこと。
    • 靴、ベルト、Yシャツの襟と袖口は必ずチェックします。
    • 男性は夏でも長袖のYシャツ着用です。なお、男女とも季節にあったスーツを着用ください。オールシーズン対応ジャケットでも真夏には好ましくありません。夏は夏用、冬は冬用のスーツを着用ください。
    • 女性の場合、胸元があまり開かないような服装を選んでください。スカートの丈は膝位が適当です。ヒールは好ましくありません。
  • 姿勢
    • 背筋はしっかり伸ばす。
    • 椅子には浅く腰かける。女性は足の角度と手の位置に注意してください。
    • 面接中は体を左右に動かさないで話しますが、適度な手ぶりは必要です。
  • 視線
    • 面接官の目をみて話すこと。
    • 即答をせず考えながら話している感じを出すと有効です。
  • 表情
    • 表情はやわらく、時折笑顔を交えること。
  • 答え方
    • 質問の趣旨を考えてゆっくりと、はっきり話すとよいでしょう。何事にもあわてず、熟考する印象を与えるように工夫ください。
    • 語調は熱意の表れです。強く訴えたいことは言葉のトーンを高めて答えてください。
    • 語尾は意図して大きな声で話してください。語尾が小さいと自信が無いように思われます。
    • 面接官と共通の話題をつくりやすくするため、ニュースは必ずチェックしておくこと。
    • 政治や思想よりも経済を中心とした話題づくりを心がけてください。

面接官は面接時の第一印象と転職者が書いた履歴書の内容で採否の目安を付けます。質問の中身に入る前に、不採用グループにならないことが大切です。



前のページ←→次のページ

a:954 t:1 y:0

ぜひご利用ください!

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

「転職、再就職に成功する秘訣とは?」

もし、あなたが現在、転職や再就職で悩んでいるのであれば、「29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法」は必読の価値のある教材です。

なぜなら、「29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法」は「人に自慢できるようなキャリア」がなくても、転職や再就職に成功する「秘訣」記載しているからです。

フリーター、リストラされた方、無職の方、転職に何回も失敗している方は一度購入すると良いでしょう。

完全返金制なので、期間内に就職できない場合は返金請求可能です。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

[check]転職や再就職に成功する秘訣とは何だと思いますか
[check]氷河期と転職バブル期、あなたが転職するならどちらを選びますか?
[check]転職に失敗している人のほとんどが怠っていることがあります
[check]山のように溢れかえっている求人情報の中から、あなたにピッタリ合う仕事を見つける最も簡単な方法とは?
[check]最速で履歴書を書き上げ、間違えようのない効率的な方法とは?
[check]履歴書の写真、面接時に欠かせない、「3秒でとっておきの笑顔を作る方法」とは?
[check]あなたはどんな書類を受け取りたいですか?応募書類提出法とは?
[check]志望動機や自己紹介の中に必ず入れておくべき重要なポイントとは?
[check]自分に不利な経歴を一瞬で強みに変えるオセロ発想法とは?
[check]面接官を驚くほど説得できる魔法のワードとは?
[check]面接の場で予想も付かなかった質問がきた時に、まったくパ二ックにならず、面接官に信頼される答え方とは?
[check]聞きづらい給料や待遇面の質問を、面接官に悪い印象を与えずにする、効果的な方法とは?
[check]面接の後にしなければならない大事な事とは
[check]企業からの履歴調査の現状とは?

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

完全返金制なので、期間内に就職できない場合は返金請求可能です。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional