転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

電話応募5

「工夫」が実は逆効果に?受かるための書類の書き方をプロが伝授

トップ応募から試験合格まで電話応募5

必ず自分の名前を名乗ること

電話では氏名を名乗り要件を伝えてから本題に入りましょう

当たり前のことですが、電話で問い合わせをする場合、自分の名前を名乗らない応募者は意外と多いです。

「聞きにくいことは匿名で確認して、条件が合えば応募しよう」と考えているようですが、企業側は匿名の電話には細かい内容は返答しないばかりか、名前を確認しようと質問をしてきます。

社会常識上も問い合わせをする以上は氏名を名乗るべきです。

また私の場合、よさそうな人にはわざと言葉を崩して反応を見ます。相手がことばを崩しても、あなたは常に審査されていることを念頭に入れて、しっかりと敬語を使って応答しましょう。

基本的な要領は次の通りです。
「〇〇会社様でしょうか。私は○○と申します。本日は応募の件でお電話させていただきました。採用ご担当の方をお願いします。」と氏名と電話の主旨を告げます。

担当部署者につながっても、採用担当者が電話に出るとは限りません。再度、電話の主旨と名前、要件を伝えます。

そして本題に入ります。

要件も事前に用意したメモをもとに要領よく質問をします。

時間が長くかかりそうな場合は必要最小限の質問で切り上げ不明点は面接で確認するようにしましょう。

あまり時間を取らせないことが大切です。

最後に面接日時を復唱し「よろしくお願いします」とか、「ありがとうございました」などと終了のあいさつをします。

電話は掛けた自分の方から先に切るのがマナーです。




前のページ←→次のページ

a:910 t:2 y:1

ぜひご活用ください!(無料の転職支援サービス

無料の転職支援サービスを利用しましょう!

キャリアコンサルタントによる無料のカウンセリングが受けられる転職支援サイト

専任のキャリアコンサルタントが「非公開求人の紹介」はじめ、転職者の転職活動をサポートします。

転職支援サービスとは?

転職支援サービスは、正社員としての就業を前提に、専任のキャリアコンサルタントが転職者におすすめの企業をご紹介するサービスです。

  • 非公開求人情報を得られます。
  • カウンセリングで客観的なアドバイスが受けられます。
    「転職のプロ」によるなっとくのキャリアカウンセリングが受けられるのが DODAの特徴です
  • 書類・面接指導を受けられ、サポート体制も万全です。
  • 細かい交渉も任せて安心! 年収・入社日の交渉など、企業とのやりとりは専任のキャリアコンサルタントが行ってくれます。

専任のキャリアコンサルタントは業界・職種・地域ごとに担当が分かれており、それぞれの分野に精通しています。

コンサルタントは専門分野の知識を活かした最適なアドバイスを心がけており、各業界における求められる人材像や転職のポイントなど様々な情報を求人情報と共に転職者に紹介、アドバイスします。

無料の転職支援サービスをぜひ利用しましょう!

転職支援サービス登録画面

無料転職支援サービスに登録する

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional