転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

電話応募3

トップ応募から試験合格まで電話応募3

固定電話から応募しましょう

携帯電話の普及が進み、固定電話を使う機会はあまりありません。しかし携帯電話は電波の強弱で相手に言葉が聞こえにくくなったり、音質が変化したりします。

したがって応募の際は静かな環境で、できるだけ固定電話から応募するように心がけましょう。

また事前にメモを作って問い合わせたり、面接の日時や面接会場までの交通など控える場合のことも考えて、テーブルのある場所が適当です。

やむを得ず勤務先から転職活動をする場合は社外から電話を掛けることになりますが、その際は相手に「やむを得ず携帯電や公衆電話から掛けている」ことを伝えておけば良いでしょう。




前のページ←→次のページ

a:878 t:2 y:0

転職面接をいかに突破するか・・・(一読の価値があります!)

転職を成功させる球には・・・

絶対にこの間違いをしないでください!

新卒と転職面接の採用基準は明確に異なります

転職者の採用基準は・・・・・

「明日からすぐに使い物になる“即戦力”」

です。


従って転職面接における「高い評価」とは、「即戦力度合が如何に高いか」、を指します。

転職希望者は「会社の求める人材である」ときちんとアピールしなければ、合格は無理です

この教材は

1.面接官から好意・好感・好印象を得る方法
2.面接官視点に立った自己アピールをする方法

箱田式3秒面接術

を中心にわかりやすく書かれています。

ぜひ一読をお勧めします。

たったこれだけ・・・・・・

というより、これに尽きます。

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional