転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

退職後の転職活動のメリット・デメリット

トップ採用責任者が答える転職の疑問退職後の転職活動のメリット・デメリット


採用担当者が答えるQ&A

質問

転職活動は退職してから集中して行ったほうがよいのではないか?

採用担当者の回答

退職後の転職活動はリスクが高すぎることから、在職中に転職活動をすることをお勧めします。

退職後の転職活動のメリット

退職後の転職活動の最大のメリットは、時間に余裕があることです。より多くの会社の情報を収集し、企業研究にあてる時間も確保できます。

また面接日程も即対応出来ますし、大学生のように複数の企業に対して並行して転職活動ができます。

募集要件の中で「急募」と記載してあるものは、すぐ仕事に就いてもらえる退職者の応募を望んでいる証拠です。そのような企業にも応募できます。

退職後の転職活動のデメリット

収入が無いことが一番のデメリットです。

収入が無いと焦りから正しい判断ができなくなります。
本来は企業研究や履歴書の作成等に時間を費やして自分のやりたい仕事を探す絶好のチャンスですが、実際はハローワークや求人広告から応募企業を見つけ出し、手当たり次第に履歴書を送付しなければ落ち着けなくなります。そうなると就職することだけが目的となってしまいます。
また転職後の転職活動は2カ月位しか余裕がありません。
その期間を経過してしまうと、急に書類選考で落とされる確率も高くなります。

退職後の転職活動は非常にリスクが高いと認識してください。



a:828 t:1 y:1

前のページ←→次のページ

 東洋経済新聞社の会社四季報 企業研究の定番!


東洋経済新聞社の会社四季報はコンパクトに必要十分な企業情報がまとめられており、信頼のおける書物です。転職先企業情報、業界情報を知る上で購入されますことをお勧めします。

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional