転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

転職に有利な資格情報



資格を取得しようと思ったら・・・

就職に有利な資格をGET!【資格取得ネット】

資格を選ぶ際の基礎知識

資格取得を考える際に大事なことは2つあります。

ひとつは・・・
どの資格を選ぶか?

もう一つは
自分の生活リズムに合わせた学習スタイルを選択すること

です。

ここでは受講スタイルについて説明します。

受講スタイルから選択

受講スタイル

  • 通学講座
    通学講座は同じ目標を持っている仲間を見つける事ができて、励ましあいながら勉強する事が出来ます。通学講座は資格試験のために特化しているので合理的に資格取得の勉強をする事が出来ます。
  • 通信講座
    通信教育。いつでもどこでも、空いた時間に勉強ができます。また通学よりも料金がリーズナブルです。
    ただし、自己管理ができていないと、3日坊主になる可能性もあります。
  • Eラーニング
    Webで習う講座。Web用教材を使い、自宅で勉強する新しい方法です。
  • ビデオ講座
    学校に通いますが、教室講座や通信講座向けのビデオを自分の空いている時間に予約を入れ、専用ビデオブースで受講する講座。有名講師の講義も選択できること、わからない個所は繰り返し再生して見れる利点があります。
    またほとんどの学校で板書内容を事前に配布してくれるので、板書を気にせずに講義に集中できます。




資格のアピールポイントの探しかた(裏ワザ紹介

面接で資格をアピール

面接の場では、緊張からなかなか自分をアピールできないものです。

しかし・・・・

資格については聞かれることは事前にわかります。

何を聞かれるか? というと・・・・・

自分が履歴書に書いた資格にについて取得目的と、実務経験、今後の資格の活かし方です。

事前準備できる項目なのでしっかり準備しましょう。

アピールや説明する際はなるべく具体的に答えます。

否定的、悲観的な言葉を意識的に使わないように気をつけてください。

取得したことで身に付いた技術や知識、さらに意欲を示し好感を上げましょう。

中途採用者のアピールポイントは、専門性や即戦力性なので、実務能力が問われます。

資格のPRポイントは、資格専門校のパンフレットを見て研究すると実践的な資格の活用方法がわかります。

ユーキャンは通信講座・通学講座とも豊富に取り揃えています。

案内書は無料で簡単に取り寄せることができます。

ぜひご利用ください。




人気資格通信講座

勉強をしたいのに、「仕事が忙しくて学校に通えない」「独学では続ける自信がない」という方もいるでしょう。そういった方は、通信教育も視野に入れてみては?

通信教育は、通学に比べて費用が安い、独学よりも続けやすいなど、たくさんのメリットがあります。

ユーキャンは通信講座・通学講座とも豊富に取り揃えています。

案内書は無料で簡単に取り寄せることができます。ぜひご利用ください。




就職・転職でアピールできる資格を簡単に探せるサイト

生涯学習のユーキャンは、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、就職に役立つ資格から、趣味、実用講座などさまざまな通信教育を用意している学校です。


シャローシ(社労士)?ってなに   [#n0e4d213]

ユーキャンのテキストは使いやすいです!




中高年の転職で成功する条件

中高年の転職は難しいことは事実です。しかし転職に成功するために準備をして段取りを踏めば問題ではありません。
詳細は

をご覧ください。

  • 中高年の転職成功法(抜粋)
    • 転職にあたり目標をしっかり持つ。
    • 転職情報は幅広く情報収集をする。
    • 自分のアピールポイントをしっかりと伝える。
    • 転職に成功するために応募書類の書き方を学ぶ。
    • 応募先の業務内容に合わせた資格を取得しておく。




転職者が提出する履歴書で面接官が一目置く資格
(PR方法と落とし穴)

  • 経理関係は面接官として魅力があります。実務に裏付けされた経理関係資格は「会社の数字が読める」証拠です。
  • 英語、パソコン系は現代企業では必須でありながら中高年者には不得意な方が大勢おります。他者と差別化が図れます。
  • 近年、内部告発や労務問題がマスコミに大きく取り上げられることからマネジメント層は部下の労務管理能力も必須要件となっております。
  • 次の資格はどれも転職に有利な資格です。
    • 簿記検定
      • 日商に限る。
      • 魅力があるのは日商2級以上です。
      • 3級以下は他者と差別化が図れません
    • TOEIC、実用英語技能検定
      • TOEICは履歴書に記載する人が多い資格であるため、実力を証明するためにも受験することを勧めます。
      • ただし記載する場合は高スコアであることが条件です。
      • 外資系は必須。
      • 実用英語技能検定は中高年の方はなじみが深い資格です。準1級、1級のレベルならば有効にPRしましょう。
    • マイクロソフトオフィススペシャリスト、基本情報処理技術者等
      • IT業界だけでなく、どの業種、職種にもパソコンスキルは必須です。
        なお、余談ですが町の初級パソコン教室レベルならば「パソコンは扱えません」としたほうが良いかもしれません。
    • 社会保険労務士
      • 「企業は人なり」。労務管理のスペシャリストを証明する資格です。
      • 企業内社会保険労務士も活躍の場が拡大しつつあります。しかし企業内ならば資格がなくても業務ができますので、実務に裏付けされていることが大事です。
      • 独立開業できる難関資格ですので、せっかく取得したら眠らせないようにしましょう。
    • ファイナンシャルプランナー(AFP・CFP)ファナンシャル・プランニング技能士
      • 難関の資格であり、金融機関、保険会社には有利です。
      • それ以外の業種の場合、(大企業の場合は)福利厚生の一環として活躍の場はありますが、資格に対する需要はそれほど高くありません。
      • 独立開業できる専門資格です。自分の適性とスキルを再度棚卸して有効に使う方法を選択しましょう。
    • 宅地建物取引主任者
      • 不動産業界ならば、かなり有利に就職活動を展開できる資格です。
      • 応募者に営業スキルがあれば他者と差別化が容易です。
    • 建築士
      • 建築業界ならば優位性は高いです。
    • 医療系の資格
      • 医療系の場合は資格保持者が募集の要件となっている場合が多いです。
      • 自分の応募する職務の資格要件は必ずチェックしましょう。
      • 面接の場では、卒業した学校、前職の医療機関の医療レベルまで比較いたします。
    • 衛生管理者
      • 有資格者が不足している会社に対しては「衛生管理者」の資格で転職が可能ですが、本来は製造業等で企業内で養成(取得)して、法律に基づいて必要人数配置する資格です。
      • しかし筆者は転職にも有効と考えております。たとえば検診機関の法人営業部門や製造業総務部門等でも需要が見込まれます。

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional