転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

資格の活かしかた1

トップ資格を活かす方法資格の活かしかた1


企業が転職者に求めるスキルとは何か

  • 企業が転職者に求めるスキルは年齢によって異なります。したがって「未経験者歓迎」に惑わされないことが肝心です。大雑把に分類すると次の通りです。
  • 年代別求める人物像
    • 20代の転職者
      • 未経験者でもOK。
      • どんな仕事にも積極的に取り組むバイタリティーをもった人物。
      • 日本企業の場合は企業内で教育を行うため、20代の転職者には専門スキルよりも積極性や協調性、定着性を重視する。
      • 外資系の場合は最初から基本スキルを求める場合もある。
    • 30代の転職者
      • どのような仕事にも果敢に挑戦するバイタリティーに加えて、中堅クラスの技術、専門分野を持っていること(組織ではリーダークラスの経験が必要)。またはその考え方ができる人物。
      • 30代で高度な専門性を持っていれば転職活動はかなり有利に展開できます。
      • キャリアチェンジ(未経験での応募)の場合は30代までならチャンスがあります。
    • 40代の転職者(中高年の転職者)
      • 一般的には中高年層、40代に入れば、最先端の専門性や技術力よりも、過去の職歴から推測されるマネジメント能力やコミュニティー能力指導力等が求められます。
      • 重要なことは「今までのキャリアに裏付けされた能力」を求められるということです。
      • 40代になればキャリアチェンジは非常に厳しいと覚悟したほうが良いでしょう。
    • 50代の転職者(中高年の転職者)
      • 40代の転職者の要件に加えて人間性が求められます。状況分析力、先見性、判断力、対人交渉力等です。



a:1140 t:1 y:0

前のページ←→次のページ


年齢と資格選択の関係

資格を選択、取得するにあたって、年齢を考慮に入れることを忘れてはいけません

資格を取得するまでの勉強期間と、資格をいかして仕事ができる期間の両面で、自分の年齢にふさわしい資格かどうかを考えましょう。

  • 20歳代まで
    10代、20代は資格取得の最も適した時期です。難関資格に挑戦し独立開業も目指せます。資格としては税理士、弁理士、弁護士、司法書士、公認会計士に挑戦するのも方法でしょう。失敗しても勉強した知識は社会で役に立ちます。
  • 30歳代
    30代では、精神的に安定し、社会での経験を積み、自分の将来的な設計もできつつある時代です。自分の能力に合わせて中小企業診断士、税理士、ファイナンシャルプランナー、土地家屋調査士、消費生活アドバイザーなど現実的な資格を取得するのに最適です。
  • 中高年
    40代以降になると、今までの経験をさらにキャリアアップできるような資格を目指しましょう。
    福祉系では、ホームヘルパー、介護福祉士、事務系では、社会保険労務士行政書士などもがあげられます。

「生涯学習のユーキャン」は資格・技能・趣味・教養と人々が自己向上の糧とし,豊かになるための様々な通信講座を100以上、サイト上で紹介しています。

老若男女に幅広く、そして地域に関係なくご利用いただいております。

業界最大手としてのブランド、そして手頃な受講料の通信講座が豊富です。

資料請求はもちろん無料です。

資料請求をして資格の概要をチェックしましょう!

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional