転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

求人情報の読み方2

トップ求人情報の読み方求人情報の読み方2

求人情報の読み方:勤務時間

  • 勤務時間

求人広告の勤務時間はあくまでも目安と考えてください。

通常は就業規則に基づいた始業就業の時間を記載します。残業の有無は広告で広報しても支障が無い内容で記載されております。

従って勤務実態は説明会や面接で確認することが必要です

ハローワークの場合は特に基本時間しか記載していない場合が多いです。求人票も実残業と契約時間を分けて記載し、残業時間はせいぜい備考欄に「月○○時間程度の残業」と記載するしか方法がありません。
また「毎月決まって支給する給与」欄は残業手当を加味することができません。

残業を確認する場合は、残業に消極的と思われないように注意して発言することが大切です。
「残業は問題ありませんが、参考のためどのくらい残業があるかお聞かせ願いたいのですが・・・」とさらりと切り出してください。



前のページ←→次のページ

転職支援サービスについて

無料の転職コンサルティングが受けられるシステムがあります。

DODAでは専任のキャリアコンサルタントが、マンツーマンで転職のアドバイスをしています。このサービスは業界内でも定評があります。

DODA

 

  • キャリアコンサルタント活用 メリット1:自分のキャリアを客観的に整理できる
    業界・職種に精通した専任のキャリアコンサルタントが転職者のキャリア、スキルを総合的に判断し、現在の転職市場においてどこを売り込めばよいかを整理します。 DODA
  • キャリアコンサルタント活用 メリット2:客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイスします
    「できること」と「やりたいこと」が合致する理想のキャリアを目指し、転職者の希望と現実の企業と求人とを照らし合わせながら選択肢を探ります。その過程で、自分では思いもよらなかった業種、違う職種でマッチングされることも少なくありません。 DODA
  • キャリアコンサルタント活用 メリット3:応募書類の書き方指導や、面接対策も受けられます。
    人事担当者をひきつける履歴書・職務経歴書を書くためには、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。また、面接に不安を感じる転職者のために、事前にできる限り詳しい面接情報も提供されます。模擬面接や、終了後のフィードバックなども行割れます。本来の自分を最大にアピールするためのノウハウをキャリアコンサルタントから教えてもらえます。 DODA
  • キャリアコンサルタント活用 メリット4:求人票だけではわからない、社風や先輩の情報も得られます。
    キャリアコンサルタントが提供するのは求人情報だけではありません。業界の動向や、社風や現場の雰囲気、企業の方向性、成長性といった「生」の情報まで、幅広く転職者に提供します。より広い視野を持ってキャリアを見通すことが可能です。


a:967 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional