転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

求人情報の読み方1

トップ求人情報の読み方求人情報の読み方1

求人情報の読み方:職種

  • 職種

職種の書きかたで、求める人材像がわかります。

たとえば、ハイスキルなプログラマーの募集では、開発環境やプロジェクトを前面に打ち出し、詳細な記載がなされます。

一方、未経験者の採用に積極的な企業では、職種は広く共通する項目を掲げ、社風や教育体制、立地条件の良さなどをアピールすることが多いです。

注意を要するのは後者、「職種に一般的な用語を掲げて広く人材を募集しようとしている募集広告」です。

このような場合は、会社が募集する職種と応募者がイメージする仕事内容が異なる場合があります。詳細は事前に問い合わせるほうが無難です(匿名でもかまいません)。

例えば、同じ営業でも、固定客を回るのか、飛び込み営業か、見込み客訪問か、ノルマはあるのか等その内容によって仕事が大きく異なります。

仕事の流れや、仕事名は当然会社ごとに異なります。自分の先入観で応募すると後で後悔することもありますので、しっかりと応募先に確認しましょう。



前のページ←→次のページ

転職できる人の条件  キャリアの棚卸し

転職できる人の第一条件は・・・・
自分の長所・短所を客観的に理解している

転職とは「自分」という商品を企業に売り込むことです

商品を売り込むには商品の特性を理解していなければ売り込めません。
従って転職の際には自分の長所・短所を知ることが大事になります。

企業が人材を募集するときは、その企業に何らかの問題が生じていることを意味します。

自分の長所と短所がしっかりとわかっていれば、自分という商品がその企業の問題を解決できると、人事担当者に売り込むことが大切です。

また過去のキャリア、実績がは大切です。しっかりアピールします。

転職するときに「キャリアの棚卸し」を行うことが必要と言われるのは、キャリアの棚卸を行うことによって、自分の長所・短所を客観的に理解できて、企業に売り込むポイントがわかるようになるからです。

「キャリアの棚卸し」を行う時には、プロのキャリアコンサルタントを利用しましょう。人材紹介会社で利用できるので利用しない手はありません
転職支援サービス

転職:面接突破テクニック


a:884 t:3 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional