転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

応募書類4

トップ応募から試験合格まで応募書類4

応募書類:履歴書のチェックポイント
 

履歴書からの判断   

選考するという意味ではありません。

下の項目に目を通してしっかり書かれている履歴書のみ「書類選考」に移ります。したがって下記項目に不備があれば選考に残ることはありません。

  • 履歴書の様式
    会社指定様式が決められているものはその様式に従っていること。
    そうでないものは市販の履歴書を用いていること。市販の履歴書を選ぶ際は、転職に適した履歴書、定期学卒の応募に適した履歴書、パートアルバイトの応募に適した履歴書があります。用途に合った物を選びましょう。
    求人情報誌の付録についている履歴書や、コピーした履歴書を使用している場合は即決で不採用です。
  • 筆記用具
    のボールペンまたは万年筆を使用していること。
    ボールペンは不可と解説しているサイトもありますが、実際は万年筆の方が少数派です。あまり神経質になることはありません。使い慣れたほうを利用ください。しかし、インクは黒です。
  • 修正液
    使用していないこと。間違ったら最初から書き直しましょう。
  • 写真
    しっかり貼られていること(上半身脱帽無背景)。
    写真の大きさが違うもの、スナップ写真は即決で不採用です。
  • 文字
    楷書丁寧に書かれていること。
    中高年の達筆者に多い自己流のくずし文字は、マイナス点です。読めないほどのくずし文字は、読まずに不採用とします。
  • 日付(重要項目です!)
    日付の書かれていないもの、修正液で消してあるものは不採用です。日付が書かれていないものや、修正してあるものは他社の流用と判断します。
  • 氏名
    他の文字より大きく書かれていること。住所と氏名の文字の書き方で、その人が普段文字を書き慣れているか否かが判断できます。バランスが大事です。
  • 現住所
    省略されていないこと。「4丁目3番地2号」の場合「4−3−2」と略さないように。マンション名や部屋番号もきっちり書くこと。
    連絡先 は自宅の電話番号以外に携帯番号も記入します。
    Eメールアドレスも記入ください。(記入が無い場合は、普段はパソコンを使用していない人物と推測できます。また携帯電話のメールアドレスを記入している場合は、パソコンを持っていない人物と推測できます。職種にもよりますが、事務職希望や大手企業希望の場合は意外とチェックされる項目です。) 
  • 学歴
    中学校の卒業年度から記載されていること。
    高校からは入学年度と卒業年度を記入します。
    大学 は学科までしっかりと記載します。
  • 職歴
    学歴と職歴は1行空けます。
    職歴は詳細に記載されていること。
    会社名は略さずに正確に記載されていること。




前のページ←→次のページ

a:945 t:1 y:0

ぜひご活用ください!

受けても受けても不採用となる方、何通応募しても書類審査で不採用となる方必見。

再就職が上手くいかない方は人物評価で落とされているのではなく、履歴書、職務経歴書の書き方が間違っているために落とされている場合がほとんどです。

誰も教えてくれなかった履歴書の書き方」は履歴書を何千枚も見てきた人材採用担当のベンチャー経営者が中小企業、ベンチャー企業への転職希望者向けに記載した、不況時代にライバルに差をつける自己PR法です。

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional