転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

履歴書Q&A2

トップ採用責任者が答える転職の疑問>履歴書Q&A2



採用担当者が答えるQ&A

質問

履歴書は手書きじゃなきゃダメでしょうか?

採用担当者の回答

採用担当者間でも意見が分かれるところです。

結論は「ケース・バイ・ケース」で判断しましょう。

IT系企業に応募する場合はパソコン作成と手書き履歴書の差はありません。自分の得意な方で作成ください。

社歴が古く人事担当者が高齢な場合は、直筆の履歴書を求められます。
また社内のインフラが遅れており手書きの書類が残っている企業の場合は直筆の履歴書を求められます。
応募者がどんな字を書くのか知りたいから「履歴書は直筆で」、という企業もあります。

迷ったら、ざっくばらんに人事担当者に相談することをお勧めします。「履歴書は直筆で作成したほうがよろしいですか、それともパソコンで作成したほうがよろしいですか、御社のご意向を伺いたいのですが・・・」と聞いても失礼なことはありません。逆に採用担当者に覚えてもらえ、面接時の接点が生まれることでしょう。

筆者の個人的見解
では私の見解はどうかと言うと、私は「履歴書は直筆」派です。
履歴書は直筆で記載し、職務経歴書は直筆又はパソコン作成で提出を求めております。
現在はパソコン、メールの世界で人と会わずにビジネスを行うことができます。しかしビジネスの基本は「顧客と対面」し、まず「自分を売り込む」ことだと考えます。採用面接でも、「自分を売り込む」ということには変わりありません。
「自分を売り込む」には、一字一字丁寧に、自分の思いを書いた直筆の履歴書に勝るものは無いと考えております。



a:979 t:1 y:0

前のページ←→次のページ

「はじめての転職128のギモン」一読の価値があります!

転職についての考え方を実践的に記載した、地味ですが良書です。

ぜひ参考にしてください。


ここではレビューを紹介します。

  • Amazon.co.jp のレビューです・・・
    • (レビュー1)
      初めての転職となるとわからないことだらけ。
      そしていざ転職をしようにも、そこには決まりごとがあるのでそれを知らなければ無謀な転職活動になってしまいます。
      本書では、転職の流れに沿った形で「どのような行動をすればいいのか」「履歴書・職務経歴書の書き方は?」「正しい面接の仕方は?」など、素朴な疑問から大事なものまで128個をピックアップして解説されています。
      著者が同じということで、姉妹本『採用される履歴書・職務経歴書はこう書く』『採用される転職者のための面接トーク術』と重複する部分もありますが、本書を転職活動に関する疑問の解消に、そしてより細かく知るために姉妹本2冊を活用するといいのではないでしょうか。
    • (レビュー2)
      転職に際しての気構えから手続きのコツ、面接の心構え、各種書類の書き方まで、Q&A形式で多数掲載。いままで大丈夫だと思っていた(?)『御社に興味がありまして……』はダメ! など具体例を交えて解説していますので判りやすく、すぐ転職をと考えていなくてもタメになります。
      (出典: Amazon.co.jp )
  • お勧め 絶対得する!失業手当の貰い方「裏ワザ」集
  • お勧め 解雇について
  • お勧め ホームヘルパーへの転職
  • お勧め ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格
  • お勧め ホームヘルパー2級を取得しよう
  • お勧め 中高年の転職100%成功法
  • お勧め はじめての中古住宅購入

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional