転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

履歴書のポイント2

履歴書の書きかたの本 職務経歴書の書きかたの本 履歴書

トップ応募から試験合格まで履歴書のポイント2



履歴書のポイント2
・短期で入退職を繰り返した場合は理由付けをしっかり行うこと
・いろいろな職種を経験した総合力をアピールすること

履歴書の入退職理由は非常に重要です

採用担当者は応募者の発言をそのまま信用することは無いのですが、入社・退職の明確な理由付けは大切です

転職回数が多い場合、採用側は定着性や組織適応能力等に対するマイナス評価を下します。したがって転職回数が多くなった理由づけを事前に考えておく必要があります。

同業種での転職であればステップアップや同業の様々な業務を経験したことをアピールします。

異業種の場合は総合判断力等をアピールできるように自分の履歴を分析しておくことが必要です。

転職回数が3回を超えるとかなりのハンディーを負います。しかしマイナス要因でも考え方を変えればプラス要因になりますので自分の職歴をしっかり分析しましょう。




前のページ←→次のページ

a:1070 t:1 y:0

ぜひご活用ください!


誰も教えてくれなかった履歴書の書き方

誰も教えてくれなかった履歴書の書き方


受けても受けても不採用となる方、何通応募しても書類審査で不採用となる方必見。

再就職が上手くいかない方は人物評価で落とされているのではなく、履歴書、職務経歴書の書き方が間違っているために落とされている場合がほとんどです。

誰も教えてくれなかった履歴書の書き方」は履歴書を何千枚も見てきた人材採用担当のベンチャー経営者が中小企業、ベンチャー企業への転職希望者向けに記載した、不況時代にライバルに差をつける自己PR法です。



特典

誰も教えてくれなかった履歴書の書き方

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional