転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

就職活動5

トップ2カ月で転職する方法就職活動5


求人情報手段は各メディアの特徴をつかんで使い分けよう

求人情報は人材紹介会社に登録することである程度集まりますが、転職を成功させるためには、自分で入手することが大切です。
ぜひ次の方法で入手下さい。

大事なことは複数の情報入手の手段を持つということです

ハローワーク

  • 公共の職業紹介機関で無料で利用できます。
  • 各地域に密着した求人情報が多く、企業によってはハローワークへの求人だけで人材を集めているところもあります。
  • 求人票に記載する必要記載項目の記載方法が決められているので、各求人を比較検討するのに便利です。
  • ハローワークの職員が企業に問い合わせるため、年齢で門前払いされることはありません。面接まで容易に進むことができるのがハローワーク利用の最大の利点と思われます(しかし採否の基準が変わることはありません)。
  • ハローワークの求人は法律に違反しない限り全て受け付けます。正社員からパート、期間工の募集まで扱っている情報量は非常に多いです。
  • デメリットもあります。ハローワークの職員は公務員です。求人内容の相談には乗ってくれますが、「良い会社」「悪い会社」の意見を聞くことができません。また求職者だけでなく、求人者や各種手当の受給者も同じ施設に集まるため、いつも非常に混雑していて、ハローワークに通うことへの精神的疲労は大きいです。

インターネット転職サイト

ほとんどが人材紹介会社や派遣会社が運営しております。自分の気に入ったサイトを見つけて定期的にチェックしましょう。インターネットを利用した場合の応募数はアナログの手段(求人誌や新聞、ハローワーク等)より多いと思ってください。したがって競争相手が多いということです。

求人情報誌

  • 求人情報誌には有料のものと無料のものがあります。
    大雑把に分けて、有料の求人情報誌は正社員や技術者の募集が多く、無料の求人情報誌は現業部門の募集やパート、アルバイトの募集が多いと思ってください。
  • 求人情報誌は週刊のものと月刊のものがあります。
    週刊の求人誌の場合は原稿は2週続けて掲載される場合が多いので必ずしも毎週チェックする必要は無いでしょう。
  • ほとんどの求人誌がインターネット掲載を併用しております。地域性にこだわらなければインターネットでチェックする方法もあります。しかし、インターネット掲載をあえて行わない会社もあります。
  • 求人誌を購入する場合はどのような求人をメインに載せているかをチェックして購入しましょう。たまに特集記事で「正社員の求人特集」とか「営業、販売のお仕事特集」等を行っておりますのでコンビニや書店に立ち寄った際に表紙くらいはチェックしておいたほうが良いです。
  • 1〜2月間求人誌をチェックすると、同じ会社が何度も出てきます。そのような会社は離職率が高いか、労働条件が比較的劣っている会社が多いので注意をしてください。

新聞求人広告(新聞紙面の求人欄)

大手から中小企業まで多彩な情報が掲載されています。次のように使い分けましょう。

  • 特定の地域の求人をチェックする場合
    地方紙の求人をチェックする、または全国紙の地方版をチェックする。
  • 広範囲の求人情報をチェックする場合
    全国紙の求人欄をチェックする。
  • 新聞求人広告は即効性が高い(広告量も高い)ので、長期間広告を出し続けることはしません。日々チェックすることが大切です。
  • 求職期間は図書館で全国紙と地方紙及び業界紙もチェックしましょう。

新聞求人広告(新聞の折り込みチラシ)

地域性が高い求人が出ております。専門性は低く現業部門の求人や、パート、アルバイトの求人情報が多いのが特徴です。求人専門の折り込みチラシと、地域情報掲載の折込チラシに求人情報が掲載されている場合があります。

a:1150 t:2 y:1

前のページ←→次のページ

a:1150 t:2 y:1

ぜひご利用ください!

事務系求人のワーナーゲート

ワーナーゲートはとにかく事務系に強いです。

ワーナーゲートは求職活動を支援する求人サイトで毎日更新されています。特に事務系転職・派遣・アルバイトの求人情報に強みを発揮しています。
事務系求人情報サイトなら「ワークゲート」へ。

ワーナーゲートマイページ.jpg

ワーナーゲートの特徴
1.とにかく事務系求人に強い!
2.ホームページの検索機能がすごく使いやすい!
3.求人情報が毎日更新され、募集中の求人しか扱っていない!(他のサイトでは終了してしまった求人情報も検索機能でヒットすることがあります。)
4.スカウト制度も導入。履歴書を登録して匿名で公開しておけば、企業からのメールも届きます。

職種特化型としてワーナーゲートの利用をお勧めします。

国内最大級の事務系求人情報サイト「ワークゲート」
全国の8000件を超す求人情報が職種や勤務地、雇用形態から簡単検索できるだけでなく、
MY履歴書を登録すれば、企業からのスカウトメールを受け取ったり、
気になる求人情報をスクラップしたりとあなたのお仕事探しを強力バックアップ!


powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional