転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

就職活動1

トップ2カ月で転職する方法就職活動1

就職活動のスタイルを決めよう

在職したまま就職活動をするか、退職してから就職活動をするか、メリット・デメリットをしっかり把握して、計画的に就職活動をスタートすることが大切です。

採用担当者として許容できる履歴書の空白期間は2カ月です!

2ヶ月で転職先を決めることを目標に計画しましょう。

在職したまま転職先を決める

メリット

  • 収入が途切れないので、応募先企業を時間をかけて選択できる。
  • 寮や社宅から計画的に引っ越しができる。
  • 転職に伴う社会保険等の手続を省略できる。(転職先の会社が行ってくれる)
  • 妥協せず就職活動ができる。

デメリット

  • 仕事との両立が難しく転職活動の時期を逸することがある。
  • 応募する際のスケジュールの調整が困難。
  • 欠員募集等早期入社を希望する会社の場合は不利になる。
  • 転職先に入社後、前の会社との気持ちの切り替えが難しい。

退職してから転職先を決める

メリット

  • 応募先企業の情報収集に時間をかけられる。
  • 履歴書や職務経歴書等応募書類作成に時間をかけられる。
  • 日々のスケジュールを転職活動優先に決められる。
  • 新たな技術や知識を取得する時間を捻出できる。
  • 失業給付等雇用保険の恩恵が受けられる。

デメリット

  • 収入が途切れるため、ある程度の貯えが必要。(最低6カ月分)
  • 収入が無いため、就職活動で妥協してしまう。
  • 失業期間が長引くと焦りが出てくる。
  • 自己管理が甘いと生活が乱れてしまう。
  • ビジネス感覚が薄れてしまう。
  • 技術職等最先端の情報収集が欠かせない職種では絶対的に不利になる。




前のページ←→次のページ

a:1267 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional