転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

宅地建物取引主任者

トップ転職に有利な資格宅地建物取引主任者

ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格

宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者(宅建)とは・・・

  • 宅建とは宅地建物取引主任者の略式名称です。宅地や建物などの取引を、業法に準拠して行うことができる人材に与えられる資格です。
    例えば、賃貸マンションやアパート、土地などを借りる際やマンション、一軒家、土地の購入の際に、 契約の前に重要事項の説明を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。 その説明は宅地建物取引主任者しかできないことになっています。
    不動産業界では就職、転職に有望な資格です。
  • 不動産の取引を行う会社などは、必ず5人に1人以上の宅地建物取引主任者を置く義務があります。
  • 大手の企業では宅地建物取引主任者(宅建)を持っていなければ企業で淘汰されてしまいますが、 中小企業などでは、宅地建物取引主任者の資格を持っている方が少なく、 業務拡大を進めるために、宅地建物取引主任者(宅建)試験に合格していれば未経験でもぜひ採用したいという所も少なくありません。
  • 宅地建物取引主任者(宅建)試験は非常に人気のある資格であり、最近では毎年20万人以上の方が受験の申込みをします。
  • 宅地建物取引主任者(宅建)試験は、毎年1回(例年10月の第3日曜日)、各都道府県の指定会場で一斉に実施されます。試験では、宅地建物取引業に関する実用的な知識(民法、宅建業法、法令上の制限、税など)を有するかどうかを判定します。

宅地建物取引主任者(宅建)の学習期間

宅建の学習期間はおおむね6カ月〜1年です。不動産業界で日常的に業務に接している方は2カ月程度の学習で合格しております。
学生の方や主婦の方などは、半年間〜1年間、毎日少しづつ学習をして合格を手にしております。



a:882 t:3 y:1

前のページ←→次のページ


powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional