転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

介護福祉士

トップ転職に有利な資格介護福祉士

ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格

介護福祉士


介護福祉士とは?

介護福祉士は、介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者を言います。
資格を取るには、筆記および実技試験を受ける方法と、専門の養成施設で学ぶ方法があります。

介護福祉士の仕事

介護の仕事です。基本的には、この資格がなくても介護の仕事に就くことはできます。しかし、有資格者である方が就職率は高く、収入も高くなります。介護福祉施設間の転職も有資格者のほうが有利です。
就職先例:特別養護老人ホーム、公的機関のホームヘルプサービス事業、身体障害者療護施設、民間事業者による在宅入浴サービスなど。フリーのホームヘルパーやシルバー関連の事業で独立することも可能です。
肉体的にハードな仕事ですが社会貢献度も高く、やりがいのある仕事です。

介護福祉士試験について

  • 試験日 毎年1回 筆記試験 実技試験が行われます。
  • 筆記試験
    • 筆記試験の出題形式は五肢択一方式。出題数、120問。総試験時間数は210分間。 
    • 社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、社会福祉援助技術(演習を含む。)、レクリエーション活動援助法、老人・障害者の心理、家政学概論、医学一般、精神保健、介護概論、介護技術及び形態別介護技術
  • 実技試験科目
    介護等に関する専門的技能
    実技試験は、筆記試験に合格した者に限り、受けることができる。
    なお、一人の受験者の試験時間は「5分間以内」。
  • 受験資格
    受験資格は、介護の実務経験3年以上、またはそれに順ずるものに与えられます。
  • 受験手数料
    受験手数料は、12,800円です。、

専門の養成機関で取得する方法

  • 養成機関開設状況 434校507課程
  • 入学定員 25,407人(平成20年4月1日現在)


a:1019 t:2 y:0

前のページ←→次のページ


powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional