転職に関する全ての情報を集めました。採用責任者が作成する転職マニュアルです。

人材紹介会社1

DODA「転職マニュアル」

トップ人材紹介会社人材紹介会社1


人材紹介会社の収益のしくみ

求職者が人材紹介会社に職業の紹介を依頼する場合は無料です。

人材紹介会社は求人企業から採用した人の年収に合わせた紹介手数料を受けます。紹介手数料は一般的に年収の30~40%が標準ですが、細かい内容は企業と人材紹介会社の個別契約に基づきます。

業界内ではインテリジェンスが35%、リクルートが30~35%と言われております。DODAはもう少し安いのですが、その分求人情報が集まりやすく、非公開求人も多いのが特徴です。



a:1024 t:2 y:0

前のページ←→次のページ


転職できる人の条件  その1

転職できる人の第一条件は・・・・
自分の長所・短所を客観的に理解している

転職とは「自分」という商品を企業に売り込むことです

商品を売り込むには商品の特性を理解していなければ売り込めません。
従って転職の際には自分の長所・短所を知ることが大事になります。

企業が人材を募集するときは、その企業に何らかの問題が生じていることを意味します。

自分の長所と短所がしっかりとわかっていれば、自分という商品がその企業の問題を解決できると、人事担当者に売り込むことが大切です。

また過去のキャリア、実績がは大切です。しっかりアピールします。

転職するときに「キャリアの棚卸し」を行うことが必要と言われるのは、キャリアの棚卸を行うことによって、自分の長所・短所を客観的に理解できて、企業に売り込むポイントがわかるようになるからです。

「キャリアの棚卸し」を行う時には、プロのキャリアコンサルタントを利用しましょう。人材紹介会社で利用できるので利用しない手はありません
転職支援サービス

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional